NPO m-akt

私たちは、医療×IT×患者本意の実現を目指し医療・ヘルスケア分野における問題や課題をIT を用いて解決するために活動を行っています 

mission

この団体は、広く一般市民を対象とし、病気に苦しむ患者並びにその家族らが抱える悩みや不安を調査・集約し、ITの利活用による改善策の検討と提案、セミナー、シンポジウムの開催、インターネット等を通じた情報提供を行い、医療の質の向上と患者のQOL(生活の質)の向上に寄与することを目的とする。
 
そして、その目的を達成するため、次の掲げる種類の活動を行う。

∞ 保健、医療又は福祉の増進を図る活動 ∞
∞ 社会教育の推進を図る活動 ∞
∞ 情報化社会の発展を図る活動 ∞
∞ 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動 ∞

 
オストメイト

オストメイトなび

Ostomate Navi

人工肛門保有者・人工膀胱保有者(オストメイトと呼ぶ)が

抱える悩みや課題を解決するためのサポートツール

 

気軽に外出できる安心の環境づくりに貢献します!

オストメイト
オストメイト
 

Public Health

内閣官房主催

トイレ大賞で紹介!

公共トイレの一つであるオストメイト対応トイレの情報をデータベース化し、スマホアプリを通して情報配信します。これにより、内部障害者であるオストメイトの外出を支援し、個々のQOL向上を目指します。また、蓄積されたビッグデータを統計的に解析することで、理想的なトイレのあり方を提案します。

​Ostomate×IT

全国各地30紙近くの新聞で​掲載!

​がんなどの病気や事故が原因で人工の排泄口を造設したオストメイトは、排泄に関する悩みや課題を抱えています。近年急速に進んできているITを活用することで、これらの課題に向き合います。オストメイトと医療者という2人の共同代表が、全国20万人を超えるオストメイトとその家族に向けた新たな仕組みを提案します。

Non profit​

クラウドファンディングで目標達成!

日本マイクロソフト社を会場に行われたアプリ開発イベントでの発表を経て、2014年に賞を取得しました。その後、(株) READY FORが行うクラウドファンディングにて僅か2週間足らずで100万円の支援が集まりました。また、NPO法人として多くの個人・企業・団体様からご支援と応援の声が届いています。

 プロジェクト協働団体

オストメイト

​公益社団法人 日本オストミー協会

​オストメイトライフデザイン研究会

​監修

​名古屋大学大学院 医学系研究科 教授 前川 厚子

​三重大学医学部 准教授 吉田 和枝

​近畿大学医学部 名誉教授 進藤 勝久

​総合監修・開発責任者

​永生総合研究所 所長 神戸 翼

 情報提供協力

​オストメイトが安心して外出できる環境づくりにご協力いただきました!
ボタン

​ご協力いただける個人・団体様を随時募集しております

ありがとうございます!メッセージを送信しました。

なびサポーター

Navi
Supporter

私たちの活動にご賛同頂ける方々に「オストメイトなび」プロジェクトにおける総合的なサポートをお願いしております。

<入会特権>
・サポーター缶バッチをプレゼント

オストメイトなびって、いいね!

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
 

​賛助会員の募集

 

​仲間募集

​(プロボノ・ボランティア)

応援の仕方

 

お問い合わせ

190-0211
東京都西多摩郡檜原村2762番地1
 

送信が完了しました。