オストメイトの方々がストーマを苦痛と感じることなく、共存できるアプリとなりますように…


宮内.png
宮内 絢子

慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 修士課程/看護師・保健師

オストメイトの方々の多くが外出時に不安を感じることがあると言われています。長時間の外出や旅行を計画する際に、オストメイトトイレの場所を事前に検索サイトを使って調べたり、行先を変更したり、計画を断念した経験をもつ人は少なくはないのではないでしょうか?このアプリは、ボタンを押すだけで、GPS機能による位置情報で簡単に最短距離のトイレの場所が地図と共に反映されるため、これらの不安・負担を大きく軽減することが可能となるための最適なツールだと確信しています。一刻も早く、全国のオストメイトトイレがアプリに登録され、ストーマが理由で外出や旅行に制限がかかってしまっている人達を支援することができればと願っています。また、オストメイトトイレの設置情報を収集することを通して、トイレの機能別分布状況や、地域毎の特徴を見出し、課題の抽出を行い、自治体等にバリアフリー問題を提起する手段となることを期待しています。また、将来的には災害時の不安解消を目的とした、ストーマ装具の公的備蓄状況や、災害時の緊急支給場所のコンテンツを追加するなど、より患者本位となるアプリの開発、提案を行っていくことを望みます。

#医療従事者 #看護師 #保健師

特集
最新のメッセージ