オストメイトのより快適な生活のための情報発信に期待


無.png
須田 紗代子

(公社) 日本オストミー協会 神奈川支部 事務局長

オストメイトではない若い方が「オストメイトなび」を立ち上げてくださったことに感謝と期待をしています。40年前にオストメイトになった頃に比べると、最近の生活環境は改善されています。しかし、内部障がいの為、外見からは一見してわからない事も有、オストメイトの一般社会の認知度が低いため様々な生活のしづらさがあります。改善された多目的トイレの順番を待っていると、車いすの方が「すみませーん」と、順番もお構いなしにトイレ内に消えていく。他の方からは「あなたたちの利用する場所ではないのよ!」と言われることもある。災害時には、ストーマ装具が無ければ、オストメイト全員が要支援者となります。しかし、ストーマ装具さえあれば、元気な人は支援者になれるのです。最近では、入浴拒否問題も起きています。入浴施設では、一般利用者からクレームが入ると断れないので「オストメイトはお断りするしかありません」と言われています。装具をきちんと装着していれば漏れることはないのですが、オストメイトへの理解不足もあると思われます。この「オストメイトなび」が、一般社会の認知度を高め、社会の偏見を払拭してくれると期待します。

#日本オストミー協会 #オストメイト

特集
最新のメッセージ