オストメイトの社会的認知とユニバーサル社会づくりの進展を期待します!


藤井 文雄

オストメイト対応トイレ探索ボランティア(※)/オストメイト

オストメイトトイレを使用して排泄処理を行う時に、温水が出る設備があると汚れが落ちやすいし、寒い時期には本当に助かります。オストメイトトイレの普及が進みだしてから10年を越えますが、温水が出る設備(混合水栓)が設置されているのにもかかわらず、水道水しか出ない設備が散見されます。一般の方がウォシュレットを使ったら冷たい水が出てきた、と考えれば理解しやすいと思います。設備の設置工事を行う人とか維持管理に携わる人の知識や理解が得られていない現実もあります。 また、この設備はオストメイトだけが使うものでなく、他の人が必要であれば遠慮なく使えます。たとえば失禁がある人も外出します。赤ちゃんのオムツを取り替える時も冷たいお尻ふきよりも暖かいお尻拭きで拭いてあげると機嫌が良いと思います。

 「オストメイトなび」を多くの人に見てもらう事により、オストメイトの社会的な認知やユニバーサル社会づくりが一層進展して、社会が豊かになるよう期待しています。

これまでに、関西地区の900施設を越えるオストメイト対応トイレを訪問調査している。

#日本オストミー協会 #オストメイト

特集
最新のメッセージ