オストメイトなびプロジェクト

 

このプロジェクトは、医療×IT×患者本意の実現プロジェクトとして、オストメイト(人工肛門保有者、人工膀胱保有者)にフォーカスした新時代の患者サポート体制構築を目指す活動です。

オストメイトとは?

オストメイトとは、大腸がんや膀胱がんなどの病気のために、人工肛門や人工膀胱などのストーマ(排泄孔)を持つことになった患者さんのことを指し、その人口は20万人を超えると言われています。実に東京都渋谷区の総人口(2015年2月1日付)に匹敵します。更に、ストーマ造設の原因を考えると、大腸がんや膀胱がん、炎症性の腸疾患など、現代の日本人にとって、誰もが成りえる病気でもあり、実際にその人口も年々増加の一途を辿っています。

 

つまり、オストメイトが抱える悩みは、もはや他人ごとではないと言えるのではないでしょうか。

<オストメイトについて>

 

 講演者:

 日本オストミー協会神奈川支部

 事務局長 

 須田 紗代子 氏 

   

 URL: 

動画提供元:(公財)交通エコロジー・モビリティ財団

 (http://www.bfed.jp/junior/index.html

http://www.bfed.jp/junior/various_people/user_bf/user4.html

 →上記サイトへお進み下さい。

       インタビューの詳細が確認できます。

このプロジェクトが目指すもの

<プロジェクトの目的>

 

マクロ : 社会に対して

●オストメイトの社会的認知度の向上

●オストメイト用多機能トイレの重要性を伝える

●医療機関、患者、企業、自治体(政府)の繋がりを強固にする

●2020年パラリンピックを視野に、日本のバリアフリーの新たな取り組みとして、世界の仲間達に発信する

 

ミクロ : 個人に対して

●オストメイトのQOL(生活の質)向上

<プロジェクト推進メンバー>

このプロジェクトでは、様々な団体と協力して行っております。また、今後の活動には、更なる協力体制の構築が不可欠です。このプロジェクトの主旨にご賛同いただける個人様、団体様は、是非ご連絡ください。

●患者会・障害者団体

公益社団法人 日本オストミー協会

●学会

現在、このプロジェクトでは、次の学術団体より助成金を頂いております。

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

 

~研究課題~

「オストメイト対応パブリックトイレ・ナビ(アプリ)開発と活用促進に関する研究」

 

~研究代表者~

前川 厚子 氏

名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻 教授

 

~共同研究者~

吉田 和枝 氏

(三重大学医学部看護学科 准教授)

進藤 勝久 氏

(近畿大学医学部 名誉教授)

  神戸 翼  

(任意団体エムアクト 代表、慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科)

 

~助成期間~

平成27年7月1日より平成28年6月30日

湘南藤沢学会

 

~研究課題~

「オストメイトなびプロジェクト-スマートフォンアプリケーションオストメイトなびの充実、普及活動-」

 

~研究代表者~

神戸 翼

(任意団体エムアクト 代表、慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科

 

~共同研究者~

宮内 絢子 氏

浅野 恭弘 氏

金島 裕樹 氏

(慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科)

 

~助成期間~

平成27年7月下旬より平成28年3月10日

また、このプロジェクトでは、様々な個人、団体様よりご支援頂いております。

詳細は下記ボタンよりご確認ください。

応援いただいている個人様

応援いただいている団体様

その他、応援いただける方は、下記ページよりご連絡ください。

応援について